そろそろ車検を受けたい!どうすればよいの?

車検は必ず受けなければいけません

自動車や排気量250cc以上の自動二輪車は一定期間ごとに車検を受けることが義務付けられています。面倒に感じる人もいるかもしれませんが安全に車などを使うために必要なことです。事故が起きたら大変なので必ず車検を受けるようにしましょう。ちなみに、車検を受けていないと自動車保険に入ることができません。万が一の際に補償が受けられなかったら困りますよね。それに、車検の際に車の不具合が見つかることもあります。早めに不具合を直せば安心して車に乗り続けることができますよ。

車検の方法は3つあります

車検の方法は大きく分けて3つあります。まず、定期整備点検と車検をディーラーや整備業者に依頼する方法があります。この方法は車のメンテナンスもできるので便利です。また、陸運支局に自分で車を持ち込んで車検を受けることも可能です。この方法はユーザー車検と言われています。ユーザー車検はコストがあまりかからないのが魅力です。なお、軽自動車は軽自動車検査協会の検査場で車検を受けることになっています。さらに、業者に車検を代行してもらうという方法もあります。

車検を受けるときに必要なもの

書類が揃っていれば車検を受けるのはそれほど難しいことではありません。車検を受ける際には自動車検査証と自動車税納税証明、自動車損害賠償責任保険証が必要です。自動車検査証がない場合は陸運支局や自動車検査登録事務所で再発行してもらいましょう。自動車損害賠償責任保険証がないときは保険代理店で再発行可能です。また、検査のときに自動車損害賠償責任保険の更新や税金の納付も行うのでこれらの費用もあらかじめ用意しておきましょう。

車検は整備工場で受けるのが一般的ですが、最近ではガソリンスタンドでも対応しているところがあります。そのため、手軽に行いたい方はガソリンスタンドが最適です。